【海外トラブル】台湾 メニューと金額は必ず確認を!台湾旅行での失敗談

スポンサーリンク

台湾旅行での失敗談

どんな旅?

会社の先輩と二人で行った台湾旅行

トラブルにあったシチュエーションは?結果どうなった?

2012年の冬に私は会社の先輩と2人で台湾へ旅行へ行くこととなりました。
その理由は、先輩が過去に一度台湾へ行ったことがあり、また行きたいというところから始まります。私自身高所恐怖症で飛行機が苦手だったのですが、台湾茶や小籠包等に興味があったため、行くことを決意しました。
その時の失敗談といいますが、教訓をお伝えできればかと思います。
まず、台湾の台北市内を中心とした観光を目的としていくこととしたのですが、その時は関西で生活をしており、なるべく予算を抑えていくことをテーマにしていたので、飛行機はLCCを使用すること、合計の予算はすべてを合わせて5万以内で抑えるということを考えてツアーなどは申し込みせず、すべて2人でプランニングしていくことにしていました。その際仕事柄夜勤後に仮眠をとり、夕方の便で台湾へ行くことにしたのですが、台北市内へ到着してホテルへ着くまでは特に問題等はありませんでした。
しかし、その後の夕食で夜市へ行った際に一度目のトラブルが発生しました。
それは先輩の暴走から始まったのですが、○○円均一で食事ができる場所を見つけたのでそこで夕食をとることとしたのですが、実際に均一料金なのは店内に掲載されているメニューのみで店頭に展示されている食材から調理をお願いすると別料金がかかることが発覚し、私自身は薄々気づいてはいたのですが、先輩の自信に任せて注文を行い、物価の安い台湾で5千円もの食費がかかってしまいました。
そこは先輩に注意をしてとりあえず事無くを得たのですが、二日目に行った九份でも少しトラブルが発生しました。
台北市内はバスも走っており、目的地に近づくと電光掲示板で表示してくれて感じなのである程度理解ができるのですが、九份行きのバスは、目的地の表示もなく近づいたら自らが合図をしなければ停車してもらえないことに乗ってから気づき少し先輩ともめる一面もありました。 そこも観光地ということもあって運転手の配慮もあり、ここが九份だから降りなさいと教えてもらい無事に観光することができたのですが、事前の調査をもう少し念入りにしておけば良かったかなと思わされました。

これから向かう方へのアドバイス

結果的には治安もよく日本語もある程度通じるので行きやすい場所ですので、おすすめできる場所ではありますが、すべて自身で計画する場合はある程度の下調べはきちんとしたほうがい以下と思います。

【海外トラブル大全】国別トラブル集まとめページはこちら↓

海外トラブル大全集 旅行前に必ず確認しよう!国別トラブル体験記まとめ
海外トラブル大全集 旅行前に必ず確認しよう!国別トラブル体験記まとめ
このサイトでは100以上の海外トラブル体験記を紹介しています。海外旅行ではトラブルは付き物ですが、犯行の手口やトラブルの原因を把握し、海外におけるトラブルを予防しましょう。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする