【海外トラブル】スペイン 子供と海外旅行へ行くときの注意点

スポンサーリンク

いざというときに役立つ迷子札

どんな旅?

かねてから見たいと思っていたヘレスフラメンコフェスティバルを見る旅でした。5歳の息子と二人の個人旅行。

トラブルにあったシチュエーション

2012年2月、スペインのアンダルシア地方、フラメンコで有名なヘレスの町を訪れた時のことです。

スペインの町は細い路地が入り組んでいるところが多く視界もよくないので、地図があってもよく道に迷っていました。またその時は5歳の息子と、と母(自分)の興味が違うので意見が合わずに大変でした。そのうち母がこっちに行こう、と声かけても言うことを聞かなくなり、路上で喧嘩になってしまいました。すると、何を思ったのか息子はへへーと笑いながら全力でどこかに駆け出して行ったのです。後を追うも道がいくつにも分かれていて息子がどちらに行ったのか分からず、方々の路地や公園を探しましたが見当たりません。

カフェやレストランの人にも息子を見なかったかと聞いてまわりました。すごく同情されると共に、危ないよ、大事がなければいいけど、と深刻な顔で忠告されたりしました。それでも見つからず途方に暮れて滞在していたアパートに戻り、そこのオーナーに警察に電話してもらいました。1時間後に警察から電話で見つかったとの連絡が。警察に迎えに行くと、個室でテレビのドラえもんを見ている息子に遭遇しました。それ以来逃亡することはなくなりました。

幼いお子さんを連れて海外に行く時の注意

実はスペインの警察が息子を見つけてくれたのは、息子にあらかじめ迷子札をぶら下げておいたからです。そこには名前、出身国、連絡先の電話番号(携帯や滞在先のホテルの電話等)が記載してありました。(迷子札を見てよく道で現地の人にからかわれましたが。)こちらが警察に電話したのとは別のところで、町を見回りに来ていたポリスマンが公園で泣いている息子を見つけてくれたのです。
その他に最低限、旅行先の警察や救急車などの電話番号は調べて行った方がよいと思います、また片言でよいから緊急事態が起こった時を想定して現地の言葉(子供が迷子になった、お財布を盗まれた、等)を前もって調べてメモしていくかなどして使えるようにしておけば、緊急時にすぐ対応できます。
最後に小さいお子さんを連れての旅は自分の思うようにいかないことが多々あります。
でもぐっと我慢してお子さんの希望をかなえることを優先してあげてください。(44歳女性)

【海外トラブル大全】国別トラブル集まとめページはこちら↓

海外トラブル大全集 旅行前に必ず確認しよう!国別トラブル体験記まとめ
海外トラブル大全集 旅行前に必ず確認しよう!国別トラブル体験記まとめ
このサイトでは100以上の海外トラブル体験記を紹介しています。海外旅行ではトラブルは付き物ですが、犯行の手口やトラブルの原因を把握し、海外におけるトラブルを予防しましょう。

海外旅行中のトラブルに備えて海外旅行保険に加入しておきましょう。いざトラブルに遭遇したときには本当に役立ちます。

おすすめの海外旅行保険を徹底比較 旅のコンセプトにあわせて賢く選ぼう
おすすめの海外旅行保険を徹底比較 旅のコンセプトにあわせて賢く選ぼう
短期、長期、個人、団体、渡航先などそれぞれの旅のコンセプトに合わせておすすめの海外旅行保険を紹介していきます。
クレジットカード付帯海外旅行保険を利用する場合の注意点
クレジットカード付帯海外旅行保険を利用する場合の注意点
海外旅行保険を検討する上で、クレジットカード付帯の海外旅行保険を選択する方は非常に多いです。利用付帯か自動付帯かなどをしっかりと確認しておきましょう。
海外旅行保険で最低限チェックするべき補償内容 海外旅行保険の基礎知識
海外旅行保険で最低限チェックするべき補償内容 海外旅行保険の基礎知識
海外旅行へ行くときに加入すべき海外旅行保険について、知っておきたい基礎知識を解説します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする