【海外トラブル】スペイン マドリード ホテルで預けたバッグから盗まれた!荷物を預けるときは必ず鍵をかけよう

スポンサーリンク

マドリードの民宿でウォークマンを盗まれた

どんな旅?

友達と格安の自由な旅行をしていました

トラブルにあったシチュエーションは?結果どうなった?

2010年8月、スペイン、マドリード 。

私は鍵が付いていないバックパックのようなバッグに荷物を入れて旅行をしていました。

マドリードの民宿に泊まったのですが、その日の夕方に寝台車で移動することになっていて、それまでマドリードの街を見て回ることにして、荷物をその民宿の娘に預けることにしたのです。

その時は民宿の人たちを信頼していたので、荷物をそのまま預けることにしました。

そして、夕方民宿に戻ってカバンを受け取って夜行列車でグラナダに向かいました。

その時には気づかなかったのですが、グラナダのホテルに着いて、カバンの中を見たら、ウォークマンがなくなっていたのです。

カメラのレンズなどはそのままあったのですが、ウォークマンだけが消えていたのです。これはやられたな、と思いました。

やっぱり鍵が付いていなかったので、自由に中を見ることができて、若い民宿の娘にとってはウォークマンは魅力的だったのでしょう。

やっぱり鍵がかかるバッグで旅行をすべきだとつくづく思いました。

海外旅行で重宝する!南京錠とワイヤーロック
海外旅行で重宝する!南京錠とワイヤーロック
南京錠とワイヤーロックは海外旅行の必須アイテム 海外旅行の持ち物リストは様々なサイトで公開されていますが、その中に南京錠とワイヤーロックが...

これから向かう方へのアドバイス

有名なホテルだったりしたら、そういうトラブルはないのでしょうが、民宿のようなところでは鍵がかかるカバンを利用して、鍵をしっかりかけてから預けるようにした方がいいです。全部盗まれたらすぐにわかりますが、1個だけ中身を盗まれたらなかなか気づきません。

【海外トラブル大全】国別トラブル集まとめページはこちら↓

海外トラブル大全集 旅行前に必ず確認しよう!国別トラブル体験記まとめ
海外トラブル大全集 旅行前に必ず確認しよう!国別トラブル体験記まとめ
このサイトでは100以上の海外トラブル体験記を紹介しています。海外旅行ではトラブルは付き物ですが、犯行の手口やトラブルの原因を把握し、海外におけるトラブルを予防しましょう。
携行品損害補償を受けるための条件 海外旅行保険の基礎知識
携行品損害補償を受けるための条件 海外旅行保険の基礎知識
このページでは海外において盗難や破損などの携行品のトラブルが起きた時に、海外旅行保険を利用して携行品損害補償を受けるための手順と注意事項を解説します。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする