【海外トラブル】フランス パリのエッフェル塔の下であわやミサンガを買わされる

スポンサーリンク

エッフェル塔の下の「日本人好き」白人男性には要注意

どんな旅?

新婚旅行でツアーでフランスを訪れていた時の出来事

トラブルにあったシチュエーション

フランスパリのエッフェル塔で白人男性にぼったくりに遭いそうになりました。

2014年10月くらい。パリのエッフェル塔の下。新婚旅行で、フランスやイタリアなどを回っていて私たちは日本の旅行会社のツアーにのっていきました。

パリでは半日自由行動になっていましたので、主人と2人エッフェル塔の周辺で記念撮影をしていた時のことです。写真を撮っていると白人男性が近づいてきて「ニホンジンダイスキ」と言ってきました。

親日の方なのかなと思い、笑顔で会釈をすると急に主人の手を取り、即席でミサンガを作り始めたのです。ミサンガを作っている間も「ニホンノキョウト、ダイスキ」と言って来たりとニコニコしていたので、悪い人という印象はありませんでした。

しかし、こちらが頼みもしていないのにミサンガを作り始めたので嫌な予感がしました。作り終えると、日本円で換算して2000円を要求してきました。

日本人なのでお金があると思われたのです。主人も私も「ノーマネー」とずっと連呼していると、舌打ちをして去っていきました。

これから向かう方へのアドバイス

日本人は平和ボケをしているので、外国の方が見ると一発で日本人は分かるそうです。今回のように日本では起こりえないことが外国では起きます。
私たちのように外国に初めて行く人は本当に気を付けた方がいいと思います。盗難やひったくり対策はしますが、他は無防備でいることがあるので、安易に近づいてくる外国人には気を付けたほうがいいです。(29歳女性)

【海外トラブル大全】国別トラブル集まとめページはこちら↓

海外トラブル大全集 旅行前に必ず確認しよう!国別トラブル体験記まとめ
海外トラブル大全集 旅行前に必ず確認しよう!国別トラブル体験記まとめ
このサイトでは100以上の海外トラブル体験記を紹介しています。海外旅行ではトラブルは付き物ですが、犯行の手口やトラブルの原因を把握し、海外におけるトラブルを予防しましょう。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする