【海外トラブル】インド タクシーに乗ったらワンメーターの距離で8000ドルと言われた!

スポンサーリンク

インドのタクシーは乗る前に料金確認を!

どんな旅?

個人旅行

トラブルにあったシチュエーションは

17歳のとき、インドのボンベイで国際空港から国内空港への移動中のことでした。その時私は初めての一人での海外旅行でした。

個人で航空券を手配し、当時はパック旅行が多い中、私は全て自分で段取りをしました。インドは今もそうですが、ビザをとらないといけません。これが結構大変です。それも全て個人で行いました。お金は知り合いに借りて、何かに追い立てられるようにインドにいきました。
当時、「理性のゆらぎ」という本を読んで無性にサイババに会いに行きたかったのです。

インドへ6時間ぐらいで着いたと思います。あたりは真っ暗で、オレンジ色の電気が街をおおっていました。埃っぽく、暑くて、人々の目がぎらぎらしていました。
空港を出ると色んな人が声をかけてきます。ホテル?ホテル?チープ!安いよ!など、皆、泥棒に見えました。薄汚く汚れていて、どこかふざけているようにも見えて、馬鹿にされているようにも見えました。

国内空港に行きたかったので、そのなかのひとりにドメスティック!と言ったら、OK、乗れ!と言われました。 今考えると信じられませんが、とくに疑うことなく私はそのタクシーに乗ってしまいました。少し走ると、別の男が運転手の助手席に乗ってきました。その時点でかなり???な感じになってきました。そのふたりは友達なのか走りながらずっと話しています。 
そんななか、幾らなのか、気になりました。当時、料金を交渉してから乗るという、海外では当たり前のことを、私は知りませんでした。
いくらですか、と聞くと8000ドルだと当たり前のように言いました。私は激怒しました。「この距離が8000ドル?バカな。日本では500円だ。500円にして!」
英語でまくしたてました。 私の激怒っぷりに驚いたみたいで、結局1000円(300ルピー)になりました。

これから向かう方へのアドバイス

アジアはだいたいそうだと思いますが、基本的に値段が決まっていません。タクシーのように後払いのものについては、乗る前に値段を決めましょう。追加料金をせびってくることもありますが、断ってください。相手は被害者面してきますが、ほっといてください。日本人は人がいいと思われていて、かわいそうなふりをすればお金を払う民族だと思われています。(39歳男性)

【海外トラブル大全】国別トラブル集まとめページはこちら↓

海外トラブル大全集 旅行前に必ず確認しよう!国別トラブル体験記まとめ
海外トラブル大全集 旅行前に必ず確認しよう!国別トラブル体験記まとめ
このサイトでは100以上の海外トラブル体験記を紹介しています。海外旅行ではトラブルは付き物ですが、犯行の手口やトラブルの原因を把握し、海外におけるトラブルを予防しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする