【海外トラブル】インド ニュ-デリー 無免許両替商に高級紅茶を売りつけられる!

スポンサーリンク

露天両替商に高級紅茶を売りつけられる

どんな旅?

自分一人で一ヶ月ほどのインド周遊旅行

トラブルにあったシチュエーション

2010年8月 夕方頃インドニューデリー駅近くにて。
インド到着後一週間ほどたった時、空港で両替したルピーが無くなって両替をしなければと考えていて、ニューデリー駅周辺で銀行を探していました。
お土産売りや露天商の客引きは相変わらず、観光客と見るや否や声を掛けてくるのはいつもの事だと無視して歩いていると両替するという人が固まっていました。
USドルとインドルピーを交換しているようでしたが、5、6人が言っているレートはどれも銀行のレートよりもよく、今回は露天両替商を利用してみようと思いました。
5、6人の中でも一番レートのいい人に決めようとすると他の両替商もレートを吊り上げてきます。固まっていましたが、仲間ではなく商売敵のようです。
10分間ほどレートのやり取りをして、一番身なりのいい人のところで両替をしようと決めました。
そうすると、その場で交換ではなく男の後へ付いて来いということになりました。細い路地を縫うように5分間くらい歩いたでしょうか、そこにあったのは小綺麗な建物でした。
付くとすぐ若い子が出てきてチャイを淹れてくれました。お茶菓子もでてきました。これはなんとなく違うなと感じながらチャイを飲んでいると、奥からまた別の男が出てきました。
手には綺麗な包みの紅茶を持っていました。男は英語で紅茶を買えといってきました。インドの相場からすると5倍から10倍くらいの値段でした。
当然私は「いらない」と告げるとまとめて買えば値引きすると言い出しました。私は両替がしたいんだと言い放つと、両替は紅茶を買ってからしてやると言い出しました。
そんな高い紅茶を買うつもりはないので、「NO」を連発していると、さらに奥から男が何人も出てきて私をとり囲むように座りました。出口にも一人立っています。
これはちょっとやばい事になって来たなと感じながら、建物から出る隙をうかがっていました。
出口にいた男がトイレに行った瞬間に私は出口のドアを開け、迷路のような路地を抜け何とか元の大通りへと脱出することが出来ました。
結局両替はそこではできませんでした。しばらく歩いて銀行を見つけそこで両替することが出来ました。

これから向かう方へのアドバイス

露天の両替商でもちゃんと両替をしてくれるところもありますが、多くは何処かしらのお店と提携していて何かを通常価格の何倍もの値段で売りつけようとすることが多々あります。
両替は出来ませんでしたが、私のケースはまだいい方でしょう。中には強盗まがいのところもあります。危険な目に会わない為には、そういった人たちに関わらないのが一番です。
手間かもしれませんが、両替は銀行で行うのが一番確実で、安全です。人によっては銀行でもお札の枚数を誤魔化そうとする場合もありますので、
両替をするときは一瞬たりとも目を離してはいけません。これから行かれる方は出来るだけ空港の銀行で両替しておくことをお勧め致します。(45歳男性)

【海外トラブル大全】国別トラブル集まとめページはこちら↓

海外トラブル大全集 旅行前に必ず確認しよう!国別トラブル体験記まとめ
海外トラブル大全集 旅行前に必ず確認しよう!国別トラブル体験記まとめ
このサイトでは100以上の海外トラブル体験記を紹介しています。海外旅行ではトラブルは付き物ですが、犯行の手口やトラブルの原因を把握し、海外におけるトラブルを予防しましょう。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする