【海外トラブル】中国 平気で順番を抜かされる中国国際空港のシステムに怒り心頭!

スポンサーリンク

中国では遠慮してはいけない!?図々しさも必要!

どんな旅?

1ヵ月のカナダ旅行の帰国の際に中国国際空港を経由したとき

トラブルにあったシチュエーション

学生時代、夏休みを利用して1か月カナダに遊びに行っていました。

関空からの直行便はありませんので、中国を経由しました。
1か月後、カナダを出て中国国際空港へ到着すると何やら騒然としていました。

なんと日本に台風が上陸している影響で日本行きの便がすべて欠航とのこと。
中国語もわからないし中国のお金も持っていないしと不安に押しつぶされそうになりましたが、航空会社が勝手にいろいろ手配してくれたので本来の1/3の費用で宿泊先も確保でき、宿泊先までは空港からバスで無料で送迎してもらえました。

このときは一時的に発行されたビザもあったのでホテル周辺をうろつくだけではありましたが、トラブルはトラブルで楽しんでいました。しかし本当のトラブルはこの後でした。

翌朝5時には空港に着くように言われていたのですが、4時に起きて4時半には空港に到着していました。
予定では8時のフライトで関空へ離陸する予定でした。
空港はここ数日間日本への便が欠航していた影響で朝早いにも関わらず人でごった返していました。

流れる中国語のアナウンスがさっぱりわからない中、関空行きはこっちに並べ、という英語でのアナウンスを聞き逃すまいと指定されたラインに並び、並んだかと思えばまた別のラインへ誘導され、私を含む日本人搭乗者はアナウンス通りにおとなしく並んでいました。

ところが、次々と列に割り込んでくる中国人たち。みんながみんな我先にと平気で列に割り込んできます。

午前7時半、ようやく私のチェックインの順番が回ってきたかと思うと、早口の中国語で何かを言われ私の手続きを一切してくれません。

英語で話しかけても英語がわからないらしく無視です。近くにたまたま日本語がわかる中国人の方がいて、通訳してくれたところ「関空行きのすべての当日便がなくなった」と。

今日も日本に帰れないと聞かされ絶望と恐怖のふちに立たされた私。
その時、たまたま日本人の空港スタッフが通りかかったのできちんと列に並んでいたのにどういうことだとまくしたてると「申し訳ございません、早い者勝ちなんです」とまさかの回答が。

そのとき、たまたま静岡空港行きのアナウンスが聞こえてきました。
とりあえず日本に帰れれば何とかなると思い、日本行きで残っている便を訪ねると北海道か沖縄か静岡のみといわれ、迷わず静岡行きの便に変更してもらいました。

静岡から大阪への交通費は一切請求しませんとの誓約書を書かされ、無事日本に帰れました。

国際空港なのに英語が全く通じなかったり、早い者勝ちだと当然のように言われてしまう中国の文化に怒りは収まりませんでした。

これから向かう方へのアドバイス

もし私と同じような経験をされる人がいたら、「日本人としてのマナーは捨てろ」とアドバイスしておきたいです。日本人の礼儀正しさを守っても自分が損をする場合もあることを身をもって体験しました。郷に入っては郷に従えです。(33歳男性)

【海外トラブル大全】国別トラブル集まとめページはこちら↓

海外トラブル大全集 旅行前に必ず確認しよう!国別トラブル体験記まとめ
海外トラブル大全集 旅行前に必ず確認しよう!国別トラブル体験記まとめ
このサイトでは100以上の海外トラブル体験記を紹介しています。海外旅行ではトラブルは付き物ですが、犯行の手口やトラブルの原因を把握し、海外におけるトラブルを予防しましょう。

海外旅行保険には航空機の遅延の損害補償をしてくれるものがあります。もし台風シーズンや遅延トラブルの多い空港を経由する場合には海外旅行保険に加入しておくことをおすすめします。

海外旅行保険で最低限チェックするべき補償内容 海外旅行保険の基礎知識
海外旅行保険で最低限チェックするべき補償内容 海外旅行保険の基礎知識
海外旅行へ行くときに加入すべき海外旅行保険について、知っておきたい基礎知識を解説します。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする