【海外トラブル】カナダ プリンスエドワード島の現地コーディネーターは信じるな!

スポンサーリンク

いい加減な現地コーディネーターのせいで大迷惑

どんな旅?

2週間の1人旅におけるホースステイ中での出来事

トラブルにあったシチュエーション

2007年の春、カナダのプリンスエドワード島に一人旅をしました。赤毛のアンで有名な、田舎の島です。2週間ほどの旅行で、旅行会社に仲介してもらったホストファミリー宅にホームステイさせてもらいました。
英語はある程度話せるし、生活するには問題ありませんでしたが、旅行会社と提携しているという現地コーディネーターが、ホストファミリーとの対面や他国からの留学生への紹介などをしてくれました。個人でされている、日本からカナダへ嫁いだという中年女性でしたが、彼女の仕事があまりにもいい加減で、さんざんな目に合いました。
私は国際免許を持っていないので、現地で車移動の際はホストファミリーに送ってもらっていたのですが、ある日、コーディネーターから、「他の留学生たちにも声かけてるから、○時に××で集まって、みんなで出かけましょう」と言われ、ホストファミリーにそこまで送ってもらいました。待ち合わせ時間を過ぎてもコーディネーターは現れず、電話してみると、急に行けなくなった、留学生たちは学校にいるから行ったらみんなで集まれるから勝手に行って、と言われてしまいました。そう言われても、田舎なので交通手段は車しかないし、結局ホストファミリーに助けを求めて、車で拾いに来てもらいました。
また、帰国時も、空港までコーディネーターが送っていくから、ステイ先で待ってて、とホストファミリーと私に告げ、玄関先で待っていたのですがなかなか現れず。ホストファミリーが電話してみると、すでに一人で空港に行っていました。私もホストファミリーも開いた口が塞がりませんでした。搭乗時間ギリギリに空港に着き、何とか帰国できましたが、空港に向かう車内で、彼女はあんまり上手にコミュニケーション取れない、英語がわからないから、とホストファミリーが怒っていました。
帰国後、提携しているコーディネーター、こんなに酷かったですよ、と旅行会社に話したら、いままでも何件も同様の苦情が来ている、でも、田舎町なので他にコーディネーターを頼める日本人がいない、との回答でした。

これから向かう方へのアドバイス

この十数年でいろいろな国にホームステイに行きましたが、このコーディネーター然り、競売相手がいないコーディネーターは、自分の独占商売だとタカをくくっているのか、いい加減な人が多かったです。現地コーディネーターを利用するときは、その人の評判などを予め確認しておく方がよいです。予めそういうことが起きうるとわかっていればトラブルが起きても落ち着いて行動できると思います。(30代女性)

【海外トラブル大全】国別トラブル集まとめページはこちら↓

海外トラブル大全集 旅行前に必ず確認しよう!国別トラブル体験記まとめ
海外トラブル大全集 旅行前に必ず確認しよう!国別トラブル体験記まとめ
このサイトでは100以上の海外トラブル体験記を紹介しています。海外旅行ではトラブルは付き物ですが、犯行の手口やトラブルの原因を把握し、海外におけるトラブルを予防しましょう。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする