【海外トラブル】イギリス ロンドンにて食事中にバッグを盗まれた!

スポンサーリンク

食事中でもバッグは必ず手元に置くこと!

どんな旅?

個人旅行で行った大学の卒業旅行

トラブルにあったシチュエーション

2010年1月終わり頃に大学卒業旅行として女性3人でイギリスに旅行に行きました。
主な観光地を巡っていた私達は大英博物館に寄った後、最寄り駅のトッテナムコートロード駅にあるカジュアルな中華料理店でお昼を食べることになりました。そのお店はお持ち帰りとして買って帰る方も多く、大通りに面していてドアが開放的に開いているスタイルでした。私達は横並びに10人前後が座れる、連なったテーブル席で他の人と相席の状態で食事をとることになりました。その日は肩から下げる小さなカバンのみで行動していたのですが、食事中に邪魔に感じ、肩から外して自分の隣にそのカバンを置いて食事をしました。
食事も終わりさあお店を出ようと思った時、自分の隣に置いていたカバンがないことに気づきました。友達と話に夢中になっていたせいか、カバンを盗られてしまったことに全く気づきませんでした。カバンにはお財布が入っていて、その中にはクレジットカードも入っていました。すぐに日本の家族に電話をして、まずカードの使用ができないようにしました。海外旅行保険にも加入していた為、近くの交番に行って盗難届も書いてもらいました。帰国後は保険会社に問い合わせていくらか保障はしていただけたのですが、レシート等が無いものは査証していただけないものも何点かありました。

これから向かう方へのアドバイス

自分は盗難なんて目には合わないと変な自信があった為に、このようなトラブルに合ってしまったのだと思います。やはり海外は日本とは違ってこのようなトラブルは誰にでも起きるのだと身を持って実感しました。日本語の通じない国でのトラブル対処は本当に精神的に苦痛となります。トラブルを避ける為にも必要以上に身の周りの安全に注意をして、カバン等は肌身離さず所持してください。(28歳女性)

【海外トラブル大全】国別トラブル集まとめページはこちら↓

海外トラブル大全集 旅行前に必ず確認しよう!国別トラブル体験記まとめ
海外トラブル大全集 旅行前に必ず確認しよう!国別トラブル体験記まとめ
このサイトでは100以上の海外トラブル体験記を紹介しています。海外旅行ではトラブルは付き物ですが、犯行の手口やトラブルの原因を把握し、海外におけるトラブルを予防しましょう。

盗難時に海外旅行保険を利用して補償を受ける際には携行品のレシートが必要です。海外旅行保険における携行品損害補償については以下のページで詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください。

携行品損害補償を受けるための条件 海外旅行保険の基礎知識
携行品損害補償を受けるための条件 海外旅行保険の基礎知識
このページでは海外において盗難や破損などの携行品のトラブルが起きた時に、海外旅行保険を利用して携行品損害補償を受けるための手順と注意事項を解説します。
海外旅行保険で最低限チェックするべき補償内容 海外旅行保険の基礎知識
海外旅行保険で最低限チェックするべき補償内容 海外旅行保険の基礎知識
海外旅行へ行くときに加入すべき海外旅行保険について、知っておきたい基礎知識を解説します。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする