【海外トラブル】ロンドン行きの飛行機でまさかのラマダン!お国がらによって変わる機内でのCAサービス!

スポンサーリンク

カタール経由イギリス行きの航空機でCAがラマダン!

どんな旅?

ヨーロッパへの1人旅

トラブルにあったシチュエーション

2011年、関西空港発カタール経由イギリス行きの航空機内。ヨーロッパへの一人旅。イギリスを拠点にヨーロッパを旅行しようと関西空港から飛行機に乗りました。チェックイン時に両隣が空席の席であることを確認して搭乗しました。長旅になるので、機内ではゆっくりと睡眠をとりたかったからです。飛行機が離陸して間もなく機内サービスが始まりました。ドリンクから始まり食事が終わるころには大勢の人が機内の映画などを見たりしてくつろぎ始めました。しかしどうした訳か私の席より前にはまだ食事が届かず、どうしたのかとフライトアテンダントを呼ぶためのボタンを押しました。しかしいくら待ってもフライトアテンダントは来ず、行って呼ぼうにも通路は食事を提供するためのカートが占領しており、通ることさえままなりませんでした。そしてしばらしてようやく食事が提供され、落ち着いた頃にフライトアテンダントが私のところに着ました。そこで私はどうしてこのようにサービスに時間がかかったのか訳を尋ねたところ、驚くような答えが返ってきました。その日本人フライトアテンダントの話では、今アラブ諸国ではちょうどラマダンの時期にあたり、アラブ人フライトアテンダントは昼間は食事ができないので仕事をしない、とのこと。彼らは昼間はお腹が減るので仕事することを拒否し、そのつけがすべて日本人アテンダントに回ってくるので、十分なサービスが提供できない状況にあるときき、驚きました。

これから向かう方へのアドバイス

これから旅を計画される方は、どこの航空会社を利用するのか料金だけでなく、あらゆる事情を想定して決められることをお勧めします。(47歳女性)

【海外トラブル大全】国別トラブル集まとめページはこちら↓

海外トラブル大全集 旅行前に必ず確認しよう!国別トラブル体験記まとめ
海外トラブル大全集 旅行前に必ず確認しよう!国別トラブル体験記まとめ
このサイトでは100以上の海外トラブル体験記を紹介しています。海外旅行ではトラブルは付き物ですが、犯行の手口やトラブルの原因を把握し、海外におけるトラブルを予防しましょう。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする