【海外トラブル】ボリビア 2回の乗継空港を経てのロストバゲージ

スポンサーリンク

ロストバゲージでは弁償金をもらっても解決できないこともある

どんな旅?

個人での短期滞在

トラブルにあったシチュエーションは

ボリビアのサンタクルスに行った時、スーツケースが届かなかったことがあります。

その時は初めての南アメリカで、短期で滞在しようと思っていたので、単なる旅行以上に身の回り品をたくさん入るだけ入れてきていました。日本で友達や家族からもらった思い出の品も一緒に入れてきていました。南米行きの便はだいたいアメリカで二箇所のトランジットを経ますが、日本でスーツケースを預けた際、途中はすべてスルーで、目的地で引き取ることにしました。

ところが、目的地に着き、待てど暮らせど自分のスーツケースは出てきません。係の人に話して、その日は仕方なくホテルに行きました。後日、航空会社が全世界のアメリカン航空に問い合せたようですが、結局出てきませんでした。弁償代金として80万円支払われましたが、お金の問題ではないのです。亡くしたものは、現金では回復できないものもあります。思い出の品は、お金では買えないのです。

後から得た話ですが、当時アメリカの空港は、外部の人が外から入れるようになっていて、ロビーの部分にスーツケースが出てくるようになっていました。スルーの場合は職員が次の飛行機に積み込むのですが、そこに外部からの人が入ってきて、スーツケースを取っていった可能性が高い、とのことでした。

これから向かう方へのアドバイス

今は少し改善されたかも知れませんが、どちらにせよ、その後もスーツケースが届かないことは一度ならずあったので、トランジットを3回以上経験される方は、荷物は無くなる覚悟をしておいた方がいいと思います。無くなって困るものは入れない方がいいです。(40歳女性)

【海外トラブル大全】国別トラブル集まとめページはこちら↓

海外トラブル大全集 旅行前に必ず確認しよう!国別トラブル体験記まとめ
海外トラブル大全集 旅行前に必ず確認しよう!国別トラブル体験記まとめ
このサイトでは100以上の海外トラブル体験記を紹介しています。海外旅行ではトラブルは付き物ですが、犯行の手口やトラブルの原因を把握し、海外におけるトラブルを予防しましょう。

もし携行品の紛失や盗難被害にあった場合には海外旅行保険で補償がおります。盗難被害にあったときには海外旅行保険の窓口に電話すれば取るべき行動を教えてもらえますので、冷静に行動することができます。もしものときのために海外旅行保険に加入しておくことをおすすめします。

海外旅行保険で最低限チェックするべき補償内容 海外旅行保険の基礎知識
海外旅行保険で最低限チェックするべき補償内容 海外旅行保険の基礎知識
海外旅行へ行くときに加入すべき海外旅行保険について、知っておきたい基礎知識を解説します。
携行品損害補償を受けるための条件 海外旅行保険の基礎知識
携行品損害補償を受けるための条件 海外旅行保険の基礎知識
このページでは海外において盗難や破損などの携行品のトラブルが起きた時に、海外旅行保険を利用して携行品損害補償を受けるための手順と注意事項を解説します。
クレジットカード付帯海外旅行保険を利用する場合の注意点
クレジットカード付帯海外旅行保険を利用する場合の注意点
海外旅行保険を検討する上で、クレジットカード付帯の海外旅行保険を選択する方は非常に多いです。利用付帯か自動付帯かなどをしっかりと確認しておきましょう。
おすすめの海外旅行保険を徹底比較 旅のコンセプトにあわせて賢く選ぼう
おすすめの海外旅行保険を徹底比較 旅のコンセプトにあわせて賢く選ぼう
短期、長期、個人、団体、渡航先などそれぞれの旅のコンセプトに合わせておすすめの海外旅行保険を紹介していきます。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする