【海外トラブル】アメリカ ロサンゼルスは昼間でも危険がいっぱい!

スポンサーリンク

Give me money! ロサンゼルスで白昼堂々たかられる

どんな旅?

大学の友達4人で行った個人旅行

トラブルにあったシチュエーション

意外と多くの方はいくら海外は気を付ける必要があると思っていてもなかなかアメリカのロサンゼルスの大通りでトラブルに巻き込まれると思っていないと思います。
それは私も同じで私も初めてアメリカのロサンゼルスにツアー旅行に行った時の事ですがその時に自由時間があって案内人にスラム街に行かないで大通りになら大丈夫と言われたので安心して夜のロサンゼルスの街を1人で歩いていました。
それで信号が赤だったので青になるのを待っていたら突然黒人男性が私に話しかけてきて開口一番ギブミーマネーと言ってきたのです。
私はその時手持ちの荷物はすべてホテルに置いていたのでホテルにあると言ってその場を機に抜けたのですが、かなり危ういと思いました。
もし本当にお金があるのにお金をもっていないと言っていたらどうなっていたか分からないような感じがしたからです。 

これから向かう方へのアドバイス

私はその時実際にお金をもっていなかったのでホテルにあると自然に即答できたので向こうも嘘を言っていないと分かったようですぐに諦めてくれたのですが、もし同じような状況になった時に実際にお金があるのにないと言わない事をおすすめします。
なぜなら、本当はあるのにないと嘘を言えば不自然さが出てしまうからです。 それで悲惨な事にならないとも言えないです。ですから、ロサンゼルスのしかも大通りを歩いていても普通にそういう輩がうろついている事もあるのでその時は下手に嘘を言わない方が良いです。そしてお金は最低限しか持ち歩かないようにしましょう。

【海外トラブル大全】国別トラブル集まとめページはこちら↓

海外トラブル大全集 旅行前に必ず確認しよう!国別トラブル体験記まとめ
海外トラブル大全集 旅行前に必ず確認しよう!国別トラブル体験記まとめ
このサイトでは100以上の海外トラブル体験記を紹介しています。海外旅行ではトラブルは付き物ですが、犯行の手口やトラブルの原因を把握し、海外におけるトラブルを予防しましょう。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする