【海外トラブル】アメリカ ロサンゼルス カフェで席を立つときにはそばに仲間がいても必ず荷物は自分で管理しよう

スポンサーリンク

ロサンゼルスのカフェでiPadのひったくり被害

どんな旅?

ロサンゼルスの友人に会うため1週間滞在

トラブルにあったシチュエーションは?結果どうなった?

 2014年の8月の半ばのことでした。当時ロサンゼルスの市街地のグレンデールという街に宿泊していました。ロサンゼルスに住む友人に会いに行くという目的で1週間の予定で滞在していた時のことです。季節は夏で青空も澄み渡りいかにもカリフォルニアの空という感じの素晴らしい天候でしたので、近くのスタバで軽い朝食とコーヒーを楽しもうという話になったのです。朝の9時でスタバはそれなりに混雑しており私と友人は天気も良いことだしスタバの外のテーブル席に座ってゆっくりすることにしました。
 私は持っていたiPadで取り込んだ旅行の写真の整理をしながら友人との話を楽しんでいました。途中でトイレに行きたくなったのでiPadをテーブルに置いてそのまま席をたちました。トイレから戻ると友人が泣きそうな顔をして今、黒人とメキシカン風の二人がテーブルに置いてあったiPadをものすごい勢いで奪い去って逃走したというのです。とりあえず私は友人には怪我がなかったのでそれだけは本当に良かったと思いました。近くの席にいたアメリカ人のお客さんがすぐに警察に連絡をしてくれていました。
 グレンデールの閑静な住宅街のスタバで、こんなにひったくりが日常化しているのは本当に怖いと思いました。保険に入っているのですぐに警察でポリスレコードという証明書を発行してもらい保険会社には伝えましたが、想い出の写真が全て失われたのは本当に痛かったです。

海外旅行中に携行品を盗難・破損した場合の手続きについてはこちらのページをご覧ください。

携行品損害補償を受けるための条件 海外旅行保険の基礎知識
携行品損害補償を受けるための条件 海外旅行保険の基礎知識
このページでは海外において盗難や破損などの携行品のトラブルが起きた時に、海外旅行保険を利用して携行品損害補償を受けるための手順と注意事項を解説します。

これから向かう方へのアドバイス

 この時に学んだ教訓としては、アメリカではタブレットやスマホ、パソコンなど、どんなものでも友人がいても、テーブルに放置して席を立ってはいけないということです。こういう時には必ず友人に手渡して持っておいてもらうべきだったということを身を以て理解したのです。日本とはまったく違う危機管理をしないと思わぬ犯罪に簡単に巻き込まれてしまう街なのだということを嫌という程実感した出来事でした。

【海外トラブル大全】国別トラブル集まとめページはこちら↓

海外トラブル大全集 旅行前に必ず確認しよう!国別トラブル体験記まとめ
海外トラブル大全集 旅行前に必ず確認しよう!国別トラブル体験記まとめ
このサイトでは100以上の海外トラブル体験記を紹介しています。海外旅行ではトラブルは付き物ですが、犯行の手口やトラブルの原因を把握し、海外におけるトラブルを予防しましょう。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする