クレジットカード付帯海外旅行保険を利用する場合の注意点

スポンサーリンク

クレジットカード付帯海外旅行保険を利用する場合の注意事項

海外旅行保険を検討する上で、クレジットカード付帯の海外旅行保険を選択する方は非常に多いです。理由は、特別な手続きなしに今まで使っていたカードでそのまま旅行に出かけることができるので、準備がらくだし、新たに海外旅行保険のために費用を払わなくて済むのでとても経済的だからです。

その反面、正規の海外旅行保険と全く同じという訳ではなく、実際に事故にあった後の手続きが煩雑であったり、補償額・サービスが限定されていたりと、最低限の補償であることも理解できます。

しかし最近ではどんどんクレジットカード付帯の海外旅行保険のサービスの質も良くなってきていると言われています。実際のところはどうなのでしょうか?

クレジットカード付帯保険を利用する上で確認するポイントは以下の2点です。

(1)自動付帯か利用付帯かを確認すること

(2)クレジットカードの冊子を海外旅行へもっていくこと

今回はクレジットカード付帯の海外旅行保険が一般にどの程度補償してくれて、どのようなサービスがあって、どのような手続きを取らなければならないのかを見ていきたいと思います。

「自動付帯」か「利用付帯」かを必ず確認

クレジットカード付帯保険には旅費(の一部)をそのカードで決済しないと海外旅行保険が適用にならないものがあります。

「自動付帯」「利用付帯」という言葉で分かれています。

利用付帯の場合、旅費の一部をクレジットカードで支払わない限り補償してくれない
ので注意しましょう。

旅行前にクレジットカードの裏側に記載されているサポート窓口へ電話して、自動付帯か利用付帯かを必ず確認しておきましょう。

クレジットカード付帯の海外旅行保険の補償額

もちろんどのカード会社でいくら払っていて、どのグレードなのかによって全て変わってきますが大体の目安をここでは書いていきます。

傷害死亡・後遺障害の場合は 500万〜5,000万円
傷害治療費用 0円~200万円
疾病治療費用 0円~200万円
疾病死亡 なし
賠償責任 0円~1億円
救援者費用 300万円
携行品損害 0円~50万円

が大体の目安となります。

もちろんひとえにクレジットカードと言っても種類はピンキリなのです、傷害死亡・後遺障害の場合は多く出るようですが、それ以外の項目が0円となっていること、そして疾病死亡が「なし」になっていることに注意しましょう。疾病死亡は補償されないのが一般的なようです。ここを補償して欲しい場合はケチらずにしっかりと正規の海外旅行保険に加入しましょう。

そしてそのカードで旅行代金を決済しないと適応にならないケースも多々あるので、注意が必要です。このようにクレジットカードのみでは多くは補償されない可能性も多くあるので、今一度ご自身の持っているクレジットカードがどの程度対応可能なのか確かめてみましょう。

中には追加料金を払えば補償してくれるカード会社もあるみたいなのでそこも含めてクレジットカードを作る際に確認しておきましょう。

クレジットカード付帯の海外旅行保険の申請方法手順

クレジットカードの場合、普通の海外旅行保険と比べて手続きが煩雑そうと思われるかもしれませんが、実際のところはそこまで変わるものではありません。

1.まずはクレジットカードが届いた際に取り扱い説明書の小冊子をしっかり確認しておきましょう。カードごとに申請方法が変わってくるので、結局のところそれが一番頼りになります。

そしてそれを家に置いておくのではなくちゃんと海外旅行の際に持ち歩くようにしましょう。面倒かと思われるかもしれませんがいざという時クレジットカードの付帯保険が使えなかったら何の意味もありません。ここに担当窓口の電話番号も書いてありますので忘れがちですが実は海外旅行に必須なものなのです。

2.実際に渡航先で怪我、病気をしたらクレジットカードの付帯保険サービス窓口に電話をしましょう。その際にどのような病院や医師からもらう必要書類があるか聞いておきましょう。そして病院で治療を受けた際それらを請求しましょう。

3.その窓口スタッフが必要書類の受け取り方について説明してくれるのでそれに従います。

4.海外から帰国後に、その送られてきた書類を元に返送します。

だいたいこの手順になります。1がみなさん一番忘れがちなのでよく注意しましょう。

支払い総額が決定してからだいたい1~2週間ほどで指定口座に振り込まれるそうです。

最近、正規の海外旅行保険ではキャッシュレスメディカルサービスなどが登場してきて、手ぶらで病院にいくこともできますが、クレジットカードではまだまだそのような本当にストレスフリーのサービスは少ないようです。なので手続きのラクさでいえばまだまだ正規の海外旅行保険に部があるでしょう。

その他のクレジットカード付帯保険の注意点

何しろクレジットカードに自動的についてくる補償なので、補償範囲は必要最低限です。なので注意したい点もたくさんあります。

補償日数

クレジットカード付帯の海外旅行保険は一般的に出国から90日まで補償されるのが一般的なようです。中には60日のみ補償しているカード会社もあるので、よくよく注意しておきましょう。

サポート体制について

サポート体制にもチェックが必要です。

緊急窓口が365日、24時間いつでも開いていますか?

ちゃんと海外サポートもついているのかをしっかり確認しましょう。中には日本語サポートのない会社もありますので十分に注意が必要です。

時価補償と新価基準について

海外旅行保険と同じことがクレジットカード付帯の携行品損害補償でも言えるのですが、注意しなければならないのは一般に「時価補償」が適応されることです。

時価とは、損害のあったものと同じものを新たに購入する必要金額から、使用した期間による消耗分をだいたい概算で計算してその値段を差し引いて計算した金額のことです。

なので購入から年月が経ち、古いものを携行するほど補償金額は低くなっていくと考えていただいても大丈夫でしょう。

そしてもし修理が可能であるならば、新品でまた買い直せるわけではなく、「修理費」が補償されます。そしてその修理費でさえも時価が適応されます。この点はあまりご存知の方がいないので、特に気をつけてチェックする必要があるでしょう。

このように、紛失したり壊したりしたものの購入した金額が全額もどってくる、というわけでは必ずしもないのです。この点をよくよく注意した上でプランを選んでいきましょう。さもないと、もらえると思っていたものがもらえない、という困った事態に陥ってしまいます。

最近では「新価基準」で新品の値段で補償を行ってもらえる携行品損害補償も出てきているので、本当に安心して旅行したい方は、こちらを選んでおくと安心でしょう。

クレジットカードをなくしてしまった時の対処法

たとえ海外旅行保険に入っていてもクレジットカードはクレジットカード会社自身が補償してくれます。その場合にも小冊子などに紛失時の対応窓口があるのでしっかりと確認しておきましょう。

クレジットカードを紛失した場合に、クレジットカードのコピーを持っていると、カード番号がわかるので窓口での確認作業が大変スムーズに行われます。コピーができない場合には携帯やスマホのカメラで写真を撮っておくだけでもいいので、自分のクレジットカード番号やサポート窓口の電話番号を控えておくようにしましょう。

実際にクレジットカードを紛失してしまった場合に、サポート窓口の電話番号がわからないと大変なことになります。いざという時のために準備はしておきましょう。

治療費用保障の発生率

ここで面白いデータがあります

JTBの2012年に発表されたデータ(*1)によると300万円以上の高額な治療費(救援費含む)が必要になったのは、年間100万件のうち、わずか51件であり、確率にして0.0051%です。
さらにその半数が65歳以上となるので65歳以下ならば0.0026%になります。
これは4万回の旅行に1度という確率になります。

つまり本当に高額な治療が必要になるケースというのはほんの一握りだそうです。
だからと言って、あなたがいつ被害者となるかはわかりませんが、必要以上に多くの保険料を多くの人が払っているのも確かです。
この機会に今一度ご自身が本当に必要な海外旅行保険を考え直してみてはいかがでしょうか?

*1 : http://www.jtbcorp.jp/scripts_hd/image_view.asp?menu=news&id=00001&news_no=1712

海外旅行保険におけるその他の補償項目については以下のページで解説してますので参考にしてください。

海外旅行保険で最低限チェックするべき補償内容 海外旅行保険の基礎知識
海外旅行保険で最低限チェックするべき補償内容 海外旅行保険の基礎知識
海外旅行へ行くときに加入すべき海外旅行保険について、知っておきたい基礎知識を解説します。
携行品損害補償を受けるための条件 海外旅行保険の基礎知識
携行品損害補償を受けるための条件 海外旅行保険の基礎知識
このページでは海外において盗難や破損などの携行品のトラブルが起きた時に、海外旅行保険を利用して携行品損害補償を受けるための手順と注意事項を解説します。
治療費用補償を受けるための条件 海外旅行保険の基礎知識
治療費用補償を受けるための条件 海外旅行保険の基礎知識
海外旅行保険における治療費用補償についての解説ページです。海外旅行に出かける前に補償を受けるための条件をしっかりと確認しておきましょう。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする