ヨーロッパ周遊旅行〈準備編5 ヨーロッパ鉄道の手配1〉

スポンサーリンク

ヨーロッパ周遊旅行

8ヵ国10都市を巡るヨーロッパ周遊旅行。
これらをすべて鉄道でまわるという今回のヨーロッパ鉄道の旅。
ヨーロッパを鉄道で旅行するうえで大いに役立つのがユーレイルパス。
前回、このユーレイルグローバルパスを購入したことで、旅行期間中は多くの鉄道が乗り放題、高速鉄道・夜行列車も追加料金(パスホルダー料金)を払えば乗れるようになりました。

レイルヨーロッパジャパンにおける鉄道の手配

今回は、各移動で利用する鉄道を決めていきたいと思います。

私たちの移動の予定は以下の通りです。

①  イギリス(ロンドン)―フランス(パリ)

②  フランス(パリ)―ベルギー(ブリュッセル)

③  ベルギー(ブリュッセル)―ドイツ(フランクフルト)

④  ドイツ(フランクフルト)―ドイツ(ミュンヘン)

⑤  ドイツ(ミュンヘン)―イタリア(ベネチア)

⑥  イタリア(ベネチア)―イタリア(フィレンツェ)

⑦  イタリア(フィレンツェ)―スイス(インターラーケン)

⑧  スイス(インターラーケン)―オーストリア(ザルツブルグ)

➈  オーストリア(ザルツブルグ)ーオーストリア(ウィーン)

⑩  オーストリア(ウィーン)―チェコ(プラハ)

こう書きだしてみると移動がものすごいですね。ほぼ毎日、3時間ほどの移動時間があります。

それではさっそく決めていきます。ここでも利用するサイトはレイルヨーロッパジャパンです。
パスホルダー(ユーレイルパスを利用する人)の場合は、座席/寝台指定券というタブから、乗車区間と所持しているパスを入力すればokです。検索をすると、列車、所要時間、追加料金が出てきます。
パスホルダーでない場合は、鉄道チケットというタブからそれぞれ入力していけばokです。

①  イギリス(ロンドン)―フランス(パリ)間の移動

この区間の移動手段は2つです。1つはユーロスターという高速鉄道に乗る。もう1つは、フェリーに乗ってドーバー海峡を渡る。時間に余裕があればフェリーで行きたかったのですが、あまり余裕がなかったので、やむなくユーロスター(EUROSTAR)を利用することにしました。

ロンドンーパリ
St.pancras st.ーParis nord st. (st.は駅:stationの略です)

所要時間は約2時間半。パスホルダーの追加料金は14,600円。パスホルダーでない場合の最安乗車料金は19,000円です。ユーレイルパスを所持しているかどうかでおよそ5,000円の差がでます。

②  フランス(パリ)―ベルギー(ブリュッセル)間の移動

ここでは、タリス(THALYS)という高速鉄道を使います。

パリーブリュッセル
Paris nord st.ーBruxelles.st

所要時間は1時20分、パスホルダーの追加料金は3,000円ほどです。パスホルダーでない場合の最安乗車料金は7,700円ですので半額以下で乗れることになります。

③  ベルギー(ブリュッセル)―ドイツ(フランクフルト)間の移動

ここでは、インターシティエクスプレス(ICE)という高速鉄道を利用します。

ブリュッセルーフランクフルト
Bruxelles.stーfrankfurt main hb

所要時間は2時間50分。パスホルダーの追加料金は1,400円。パスホルダーでない場合の乗車料金は18,400円。

④  ドイツ(フランクフルト)―ドイツ(ミュンヘン)の移動

ここでも高速鉄道インターシティエクスプレス(ICE)を利用します。

フランクフルトーミュンヘン
frankfurt main hbーMuenchen hbf

所要時間3時間30分。パスホルダーの追加料金は1,400円。パスホルダーでない場合の乗車料金は11,00円。

ここまで来ると、ユーレイルグローバルパスの恩恵をかなり受けられています。ユーレイルパス恐るべし。ユーレイルグローバルパスの値段が約36,000円(2013年現在)でしたので、もうすぐ元がとれそうです。

後半の移動手段は次回に書いていきたいと思います。

後半では夜行列車の利用がでてきますので、バリエーションが増えてきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする